私の転職「錦蔵酒造」での話| - 転職INFINITY

私の転職「錦蔵酒造」での話

私、横井あずさの紹介

大学時代からずっとコンビニでアルバイトをしていて、卒業後もそのコンビニにそのまま就職して仕事を続けていました。

私が転職しようと思ったきっかけ

実はそのコンビニが閉店することになってしまい、やむなく転職活動をはじめることになったんです。

数ある求人の中、何故この仕事を選んだのか

地酒の販売を行っている会社なんですが、一度下見に訪れたときに、ただ商品を販売するだけでなく、お客さま一人ひとりの好みに合わせた商品の提案など、すごく真摯にお客さまに向き合っているなと感じたからです。

転職する際に悩んだこと

お酒に関する知識がまるでなかったので、とても不安がありましたし、応募することに引け目を感じていました。しかし、面接の際、そのような心配は無用と言って頂き、とても心強かったことを覚えています。

この求人に応募した時の話

他の会社からも「面接に来て下さい」と連絡を頂いていましたが、既に採用通知を頂いた後だったので、そちらは辞退しました。

この企業に就職してから思ったこと

アルバイトとは比較にならないほどの責任の重さはまず感じました。接客面はもちろん、商品知識や作業効率といった点まで大変厳しい指導をいただきました。ただ、こういう経験をしないと、人は本当の意味で大きくなることはできない。言い換えれば、アルバイト経験だけでは、絶対に「働くことの大変さ」を知ることはできないということを痛感しました。