私の転職「ヤーパスウィング」での話| - 転職INFINITY

私の転職「ヤーパスウィング」での話

私、筒井祥子の紹介

過去、接客業と金融業の二つの仕事を経験しました。どちらも嫌になって辞めたのではなく、いろいろな経験を積みたいとの思いで、職業を変えてきた……という感じです。

私が転職しようと思ったきっかけ

「お客さまを第一に」と考える企業で、真の接客・接遇を学びたいと感じたからです。いままで自分が行ってきたことと何が違うのか、そして、どこを変化させることで、よりよくなれるのか。そんな部分を学ぶことは、これからの職業人としての人生の中で、非常に大切なことだと感じたんです。

転職する際に悩んだこと

営業職の経験は無かったので、一抹の不安は感じていました。でも、不安な顔で仕事をしていてはいけないと思い、常に笑顔でいるように意識を集中して、がんばったことを覚えています。

数ある求人の中、何故この仕事を選んだのか

さまざまな会社を見比べた中で、一番お客さまのことを考えた事業をおこなっている、と感じたからです。

この求人に応募した時の話

実は今回応募した会社とは別に、他の企業からスカウトを頂いていました。とても条件の良いスカウトだったのですが、興味の度合いで比べて、やはり今応募している会社が「今の私に必要な会社だ」と思えたため、スカウトは丁重にお断り致しました。

この企業に就職してから思ったこと

仕事をどんどんこなしているうちに、苦手だと思っていたことも、いつの間にか克服していたんです。人の成長ってすごいなと、妙に感じてしまいました。