私の転職「スポーツショップATV」での話| - 転職INFINITY

私の転職「スポーツショップATV」での話

私、木下珠美の紹介

私は、中学時分から始めた陸上を大学卒業後もずっと続けていました。そのままスポーツの道で生きていく予定だったのですが、脚を故障してしまったため、競技生活の続行が不可能になったんです。その後は、一般商社で事務員をしています。

私が転職しようと思ったきっかけ

競技生活からしばらく離れているうちに、「どんな形であっても、スポーツの世界に身を置いていたい!!」と考えるようになったんです。やはり小さい頃から、常にスポーツと共に過ごしてきた私にとって、無縁の状態で過ごすことは、この上ない苦痛でしかありませんでした。

転職する際に悩んだこと

もちろん不安がなかったわけではありません。楽しそうにスポーツをしている方々を見て、妙な嫉妬心に駆られないかと。でも、これは全くの杞憂でしたね。見ているだけで癒されます。

数ある求人の中、何故この仕事を選んだのか

スポーツの業界の中でも、そして私の中でも、イノベーションを起こしてくれる存在だからです!

この求人に応募した時の話

今のスポーツ関連の会社に応募しようと考えていたときのことなんですが、実は前職で昇進の話しを頂いていました。社内では異例とも言える早い時期での出世だったので、ありがたくお受けするべきなのか悩みましたが、直属の上司に相談し、背中を押してもらえたので、転職を決意しました。

この企業に就職してから思ったこと

仕事の充実感が半端ないです!やっぱり「私にはスポーツが必要!」ということを改めて実感しました!