私の転職「居酒屋番処」での話| - 転職INFINITY

私の転職「居酒屋番処」での話

私、鈴木亮太の紹介

高校を卒業後、居酒屋チェーンで正社員として勤務してきました。

私が転職しようと思ったきっかけ

転職を希望したこのお店の「独立に向けたステップアップをしてみませんか」というキャッチフレーズが目を引きました。ここは、希望する飲食のジャンルとは違っていましたが、経営について学ぶのであれば、その業種は問わないなと感じ、この会社への転職を本気で考えるようになりました。もちろん居酒屋チェーンでの仕事も好きではありましたが、将来自分の店を持つという夢が、この決断を後押ししたのかもしれません。

転職する際に悩んだこと

唯一悩んだのが学歴です。基本的に周りは大卒の方ばかりでしたので。とはいえ、学ぶことは非常に多く、事業について幅広い見識を付けさせて頂けることに興味を抱いていたので、ぶれることはありませんでした。

数ある求人の中、何故この仕事を選んだのか

「成功」へのルートを、具体的に数値化しているから。これをこうすればこうなる、だからこうなる可能性は何パーセント……という感じ。とても分かりやすくて、素晴らしい事だと感じます。

この求人に応募した時の話

問い合わせの電話でも、説明会でも、面接でも、すごく良い対応をして頂いたんです。

この企業に就職してから思ったこと

実際入社してみて、自分が思っていた以上にここでのお仕事は面白く、以前の仕事以上に大きな興味を抱くようになっています。何より、こんなにも学ぶことが多い会社があるなんて!という喜びは本当に強いです。