私の転職「真銅工業」での話| - 転職INFINITY

私の転職「真銅工業」での話

私、陣村美琴の紹介

以前は機械メーカーの営業をしていました。そのお仕事も好きなことではあったのですが、大学時代から抱いていた「ものづくりに携わりたい」という思いがずっと残っていて、どうしても払拭しきれないまま過ごしていました。

私が転職しようと思ったきっかけ

自分がやりたいと思える求人を見かけたからです。これ以外に理由はありません!この求人を見かけた瞬間「自分が本当にやりたかった仕事はこれだ!」と直感して、転職したいという気持ちを抑えることはできませんでした。

転職する際に悩んだこと

実際にものづくりの仕事を経験したことが無かったので、多少の不安は感じていました。でもチャレンジするもしないも自分次第だなと思い、チャレンジする勇気にかけてみることにしたんです。

数ある求人の中、何故この仕事を選んだのか

前述の「やりたかった仕事である」ということはもちろんですが、それに加えて「全くの未経験の方でも懇切丁寧に指導します」という言葉が書かれていたことが後押しとなり、チャレンジを決めました。

この求人に応募した時の話

実は今の会社は前職であるメーカーと取引があったそうで、直属の上司だけでなく部長からも応援してもらいました。もちろんその後の退職手続きも滞りなく進みましたよ。

この企業に就職してから思ったこと

今では「なんてものづくりは楽しいの!」という感想しかありません。まだまだ荒削りの段階ではありますが、きっちりと技術を磨き上げて、安定した品質の製品を作れるように頑張ります!