私の転職「十五原商事」での話| - 転職INFINITY

私の転職「十五原商事」での話

私、村西一郎太の紹介

大学卒業後ずっと同じ企業に勤めていました。

私が転職しようと思ったきっかけ

以前の企業に対して、特別な不満を抱いていたわけではないのですが、強いて言うなら、満足感も得られなかった……というところでしょうか。

数ある求人の中、何故この仕事を選んだのか

大学時代の先輩がこの会社に勤務していまして、その先輩から「一緒に働いてみないか」と誘われたことが一番大きかったです。とても尊敬する先輩であり、前職に勤務中も、その先輩の活躍は噂で聞いていたので、お声かけを頂いた時、「まさか自分が?!」という気持ちでいっぱいになりました。もちろん会社の事業内容を見ても、「社会貢献」に対する割合が大きいなと感じていましたので、とても好感を持ちました。

転職する際に悩んだこと

実は良いうわさと同じくらい悪いうわさも聞いていたので、半分「大丈夫かな」と思っていました。中には「就職したら二度と家には帰れない」「売れなかったら自腹で買わされる」など、いかにも「ブラック企業」であることをにおわせるものまであったので、不安の度合いがより強くなりました。しかし、「自分の目で見てみないことには判断できないな」と感じ、そのまま突き進む決意をしました。

この企業に就職してから思ったこと

結果から言ってしまえば、あのときの悪いうわさはすべてガセだったということです。むしろ自分なりの手法を認めてくれるので、本当に仕事がしやすいです。