私の転職「カンツコープ」での話| - 転職INFINITY

私の転職「カンツコープ」での話

私、小敷修平の紹介

外資系企業を2社勤めてきました。どちらの経験も大変長いもので、次のステージに移りたい旨を伝え、円満退社となったものばかりです。

私が転職しようと思ったきっかけ

世界を視野に入れたお仕事がしたいと思ったからですね。個人的な旅行では今まで世界各地へ行ってきましたが、ビジネスという視点では全く目を向けたことがなかったので、もっと多角的に世界を見据えることのできる位置にいることが重要なのではないか。そう考えるようになったんです。

転職する際に悩んだこと

唯一不安だったのが言葉の壁。英語は大丈夫なのですが、最近では中国語も必須となりつつありますよね。早く身に付けた方がいいのかな、そんなことを考えていました。

数ある求人の中、何故この仕事を選んだのか

「世界平和に貢献する」と大々的に理念として記載していることに感銘を受けました。「楽しさ」「必要性」「夢」などといった断片的なものではなく、その先に繋がる世界平和まで見据えている展望の広さに、とても大きな魅力を感じました。

この求人に応募した時の話

実はこの時、彼女にプロポーズしたばかりで、採用通知を受けたタイミングで「転職する」と伝えたところ、ものの見事にドン引きされてしまっていました(ただ、何だかんだ言ってついてきてくれました(笑))。

この企業に就職してから思ったこと

前職と同様、比較的自由に働かせてくれるので、のびのびと仕事できていると思います。