私の転職「パッションパートナーズ」での話| - 転職INFINITY

私の転職「パッションパートナーズ」での話

私、島田透の紹介

これまでさまざまな業界を渡り歩いてきました。それこそ、営業や接客、製作に経営・管理まで、さまざまな仕事を経験してきました。

私が転職しようと思ったきっかけ

前職では、良い役職も頂いていました。しかしここの企業案内を見た瞬間、もう一度、新たな舞台でがんばってみたいと思ったんです。またそれと同時に、10年後や20年後といった遠い将来を見据えたとき、ずっと満足し続けていられるのだろうかと考えた時、「いまのままではあり得ないな」とも思ったんです。

転職する際に悩んだこと

現在40代半ば。この年ですし、さすがに転職に対する不安はありました。でも、私のこれからの人生の中で、いまが一番若いのです。というより「いま挑戦しないでどうするんだ!」と感じたんです。

数ある求人の中、何故この仕事を選んだのか

まず何よりこの企業への魅力です。とにかく「すごく先を見据えている」という印象を受けました。目先のことだけにとらわれない、その姿勢に感動したのです。

この求人に応募した時の話

採用内定をいただいて、前職の退職の手続きを始めたところ、当然の如く上司から強く引き留められました。引き留めるための条件もいくつか提示してもらったんですが、時すでに遅し。全く気持ちが揺らぐことはありませんでした。

この企業に就職してから思ったこと

現況を言葉にするのは至難ですが、まず確実に言えることは「やはりあの時転職を選んだ私の選択は間違っていなかった」ということです。