私の転職「ザーギャー管理」での話| - 転職INFINITY

私の転職「ザーギャー管理」での話

私、飯島太一の紹介

大卒後ずっと前職の会社で勤務を続けているうちに、50歳になりました。この年になると、もう定年後のことを考え出す時期で、自分から転職を考える方は少ないと思うのですが、私の場合は定年後も何かしら社会に繋がり続けていたいと思っていましたので、敢えて転職を選びました。

転職する際に悩んだこと

少し憧れの職種とは異なっていましたが、定年までの10年あまりで、しっかりと馴染める自信がありました。一瞬、ほんの一瞬だけ、悩みはありましたが、それよりも良い仕事がしたいというベクトルの方が強かったですね。

数ある求人の中、何故この仕事を選んだのか

定年後も役員としての在職を認めてもらえる会社だったからです。前職では再雇用制度というのはありましたが、役職保証という制度が無く、責任ある仕事をしたい私にとっては不安以外にありませんでした。

この求人に応募した時の話

その求人に応募してしばらくした頃に(確か面接の直前だったと思います)、前職では早期退職希望者の募集が出されました。もちろん私はすぐに応募して、スムーズに転職への筋道をつけることができました。これはラッキーでしたね。

この企業に就職してから思ったこと

50歳であっても、新しいことにワクワクする気持ちって、無くなってないものなんですね。今さらながら、若かりし日のドキドキワクワク感を思い出し、仕事を楽しんでいる自分がいます(笑)