テレビ局のADのお仕事

NHKってどうしてCMらしいCMが無いんだろうと不思議に思っていたら視聴料を取っているからということを最近知りました。
一人暮らしの時に夜7時にインターホンが鳴ってNHKから集金の人が来た時は、何も知らない若者を騙すおじさんだと思い追い返したら、父から
「それは払いなさい。悪い人じゃないから」と諭され平身低頭してお金を捧げたことを思い出しましたよ。一人暮らしの知恵まで教えてくれたNHKの集金のおじさんは今でも私の心の中に生きています。

さて、そんなテレビ局にこないだ転職してきました。
と書くとなんと唐突にと思われるかもしれませんが、ちょっとしたコネで期間限定でアシスタントディレクター、つまりADのお仕事を体験させていただいたんですね。
もちろん給料は出ますから転職と呼ばせていただいています。

ADの仕事は大変です。芸能人や女優俳優を間近で見られるのは嬉しいのですが、その女優さんや俳優さんに無理なお願いをするのがADの仕事なのです。
食べ物のブツ撮りならまだいいのですが、箸上げで止めておくのをお願いしたら垂れてきたうどんの汁が女優さんの服に落ちてしまいすごい剣幕で怒られました。それだけならまだしも、番組スタッフ全員の缶ジュースを一人で運ぶときにWONDAの赤を一缶買い忘れてゲンコツ喰らったので泣いて帰ってきました。

まぁ期間限定のAD体験はWONDA赤に幕を下ろされたのですが、そのおかげでメールアドレスの交換ができてしまったりしたのでよかったです。
3日前にメールを送ったのですが、未だに帰ってきません。きっと忙しいのでしょう。

管理人紹介

名前:昆布と野菜

年齢:20代

特技:地団駄

一言:
この世には無限大の求人がある。
内容は多種多様であり、興味深いのが多くあった為このサイトを立ち上げた。