楽しい転職経験について

楽しいときってどんな時でしょうか。

私は、楽しいときは自分が獲得した求人に求職者が応募してくれた時ですね。

求人企業というのは、人と人をつなぐだけではなくて、人と企業と人をつなぐってことなんですよ。

私は、この会社に入る前にアフガニスタンにいました。

はびこる貧困の中で人々の心は荒んで行ってしまいます。

私はその地でボランティア活動をしていました。

「その当時から何か人のためにできることをしたい。」

そういった思いがありました。

しかしながら、あの地で私がしたことは目の前で苦しんでいる人を見過ごすといったことしかできませんでした。

未だに私は思い出します。

目の前で助けを求めている少女を、私がもっと手が伸びれば助けれたあの瞬間を…

そんな思いがあるからこそ、私は目の前で助けを求めている人には全力で手を伸ばしたい。
それがどんなに自分が犠牲になろうとしても、手を伸ばせず後になって後悔だけは絶対にしたくないと思っています。

その中で私は、この求人企業に転職できました。

そして、本当に転職で苦しんでいる方に手を差し出せる求人という仕事をさせて頂いていることに私は感謝しています。

そんな私が悲しかった転職経験を紹介するとするならば、やはり今のこの会社です。

管理人紹介

名前:昆布と野菜

年齢:20代

特技:地団駄

一言:
この世には無限大の求人がある。
内容は多種多様であり、興味深いのが多くあった為このサイトを立ち上げた。